入口 エンコリ百科 ログイン
新着 0-9 A-Z その他      用語 ID辞典 議論
ご飯は食べて通うのか?

2004年ごろから韓国のネット上で流行した罵倒語。由来は、未解決の連続殺人事件をモチーフとした、2003年公開の韓国映画「殺人の追憶」の台詞から。

韓国語では「밥은 먹고 다니냐?」。東亜日報記事http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003041835168では「メシは食っているのか」と翻訳している。エンコリのログを拾うと、以下のような意味らしい。

・もともとは韓国の挨拶には御飯を食べたかどうかを(本当に知りたいわけではなくとも)問う慣用表現があった。「ご飯は食べて通うのか?」という言葉をそのままに解釈すると、以下の通り:

(1)御飯も食べられないほど困難な状況に置かれた人に対する心配・同情の念。貧困で御飯が満足に食べられない人、精神的なダメージを受けて御飯が喉を通らない状態の人、忙しすぎて御飯を食べる暇もない人、など。遠方の我が子を思う母親が愛情から発する言葉という状況もしっくりくるようだ。あるいは転じて、相手よりも目上の立場に立って、哀れな相手に憐憫をかけてみせる、嘲弄の表現。

(2)お前は御飯を食べるという最低限のことすらまともにできないような欠陥人間だ、あるいは、お前のような奴がまともな人間のように御飯を食べようとするならばおこがましい、という非難の表現。

・映画では連続殺人の「容疑者」に対して刑事が発した言葉である。該当シーンの捉え方に応じて、上記以外のものも合わせて多様な解釈が見られる。刑事役の俳優ソン・ガンホ自身はインタビューで非難の解釈で演技したと語っている(という韓国人の発言があるが、インタビューの内容は未確認)。

映画の公開後、この台詞が韓国のネットで流行した。ほぼ罵倒語としての使用であり、エンコリでもこの台詞を使う韓国人が頻繁に出現した。そのニュアンスについては各使用者ごとに更に多様な意図の元使われた(たとえば「クソして寝ろ」程度の用法など)。純粋なユーモアの意図という可能性も無くは無いが、基本的には非礼な表現という解釈で問題ない。